小説紹介

垣根涼介『狛犬ジョンの軌跡』ネタバレや感想は

Pocket
LINEで送る

垣根涼介『狛犬ジョンの軌跡』
神社やお寺に参拝に行くと、まず出会うのが狛犬です。全国にはいろいろな狛犬がいて、狛犬マニアの方もいらっしゃるようです。今日はその狛犬が主人公のお話です。

この本はどんな本?
人気作家垣根涼介さんの小説です。2012年光文社より出版され、2015年文庫化されました。https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334769314
犬を主人公にしたお話はいろいろありますが、神社などに鎮座している狛犬が主人公のお話は多分この本だけかと思います。

作者さんはどんな人?
垣根涼介さんは、2000年会社員をしながら執筆した『午前三時のルースター』で第17回サントリーミステリ大賞読者賞を受賞されました。その後作家活動に専念されています。
2004年『ワイルド・ソウル』は3つの賞を受賞されました。第6回大藪春彦賞、第25回吉川英治文学新人賞、第57回日本推理作家協会賞です。2005年の『君たちに明日はない』では第18回山本周五郎賞を受賞されています。
小説は『ヒートアイランド』シリーズ、『君たちに明日はない』シリーズ、『真夏の島に咲く花は』
『人生教習所』などがあります。2013年に出版された『光秀の定理』からは、歴史小説も書かれています。2016年『室町無頼』は応仁の乱の時代の小説です。
『ヒートアイランド』は2007年城田優さん主演で映画化されました。『君たちに明日はない』は2010年ドラマ化されています。

この本のあらすじは?
太刀川要は深夜一人でドライブしていました。山の中で犬をはねてしまいました。黒い巨大な犬ですが瀕死の状態です。あわてて救護します。しかし、見たこともない犬種です。いったいこの犬は何者か、なぜこんな深夜にこんな山の中にいたんだろう、と疑問が次々湧いてきました。犬の傷は車によるものではなさそうです。ともかく動物病院に搬送しようとしますが、深夜なので開いていません。そこでなんと太刀川は人間の救急病院に搬送します。街では事故が起こり病院は大忙しだということでした。
結局自分の地元の動物病院に運び込みます。親切な獣医さんは、この犬の面倒を見てくれると言ってくれましたが、病院にいる他に犬たちがおびえたり異様に吠え続けたりします。
黒い犬の回復は驚異的でした。飼い主がみつからない黒犬を太刀川はひきとります。が、ここでもこの犬を外に出すと、近所の犬たちが狂ったように吠えるので太刀川は苦労します。
太刀川は恋人麻子と犬を「ジョン」と名付けました。不思議な犬だなあ、と思いながら共同生活がはじまります。ジョンは人の心がわかるようです。何か犬らしくない感じです。
一緒に暮らしながらも太刀川はジョンのことを調べます。似たような犬種はいますが、どれもジョンとは違います。獣医さんからも不可解な情報がもたらされます。
そんなある日、太刀川は雑誌で気になる記事を読みました。ジョンをはねた日、その地域で不良少年が巨大な黒犬に殺されるという痛ましい事件が起きていたのです。太刀川は現地に向かいます。関係者を訪ね歩き話をきくうちに、犯人はジョンだと確信しました。
どうする太刀川?同居犬のジョンを警察に差し出すのでしょうか?
苦悩している間もジョンと散歩します。恋人麻子も加わった散歩中ドーベルマンが襲い掛かります。ジョンをかばって太刀川は入院、その間にジョンは行方不明になってしまいます。
そんなある日、千葉県警の山崎が訪ねてきます。

感想
太刀川の語りとジョンの心の声の語りでお話が進みます。
題名の通り、ジョンは何と(ノ゚ο゚)ノ!やっぱり狛犬だったんです。あの石の狛犬がどうやって生きた犬になったんでしょうか(。´・ω・)? それはジョンの心の声で明らかになっていきます。
確かに何百年も神社にじいっとしていて、参拝のひとの話に耳を傾けていたら、なんだか命が宿っても不思議ではない気がします。
狛犬は一体一体違ってどれも個性的です。愛らしいものから、このジョンのように賢く強そうなものまでさまざまです。
ジョンは不良少年に破壊された相方の狛犬の仇をうったのです。神に仕える狛犬がそんな殺生をしてもいいのでしょうか。でも、日本の神様も怒ったり復讐したりしますものね。
ジョンが太刀川と出会ったのは、偶然でしょうか。太刀川はちょっと難しくて不愛想な男性です。でも、ジョンが思ったとおり悪人ではありません。どちらかというと犬好きで、交通事故にあったジョンを人間の救急病院に連れていきます。ここ、笑えるんですが(^∇^)、病院のひとは怒りますよ。急患がバンバンくるところに犬って……。連れて行った本人は大真面目なんですから。結局地元の獣医さんで治してもらえてよかったです。
狛犬は犬ではなく、この世のものでもないので、本物の犬には非常な警戒心をおこさせます。トイレで外に出すのも苦労しますが、太刀川は苦労しながらもジョンとの共同生活をこなしていきます。恋人との関係が変化していきますが、ジョンは太刀川によりそうようにその変化をみつめています。なんとなくジョンも太刀川に心を開きかけたかな、と思う頃にドーベルマン事件が起こりジョンは消えてしまいました。
でもまた、どこかで会えるような気がします。太刀川も会いたがっていますよ。

まとめ
『狛犬ジョンの軌跡』いかがでしたか。孤高の狛犬が飼い犬になるなんて、とても面白いと思います。その後のジョンに会いたいですね。続編出ないでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください