韓国ドラマ

私が恋した男オ・スネタバレ見どころあらすじ紹介

Pocket
LINEで送る

「私が恋した男オ・ス」

  本作はファンタジー・ラブコメディで、先祖代々守ってきた木の“不思議な花粉”の力で、人々の恋を手助けします。それは人の感情を色で見る事が出来る能力を受け継いでいるからです。そんな能力があれば自分の恋も上手くいきそうですが、そこはどうも違うようで自分の恋愛に関しては初めてのことでアタフタしてしまう主人公を入隊前最後のドラマ出演となるCNBLUEのイ・ジョンヒョンが演じています。

《あらすじ》

   天才実業家として名が知られているオ・ス(イ・ジョンヒョン)は、先祖代々守ってきた木の花粉で人の感情を動かす事が出来る力を持っており、人の感情を見る事が出来る能力を持っていました。そんなスは、祖父が経営するカフェを手伝いながら恋の手助けをしていたのです。そんなある日、恋愛中に現れる赤い陽炎をまとった男性がやってきます。手助けをしようと花粉の入ったコーヒーを飲ませますが、二股をしていた彼は本命ではないユリ(キム・ソウン)に別れ話をするのです。ショックで酒に酔ったユリは、スがいるカフェの前で倒れ、店に運ばれます。スが席を外した間に花粉入りのコーヒーを飲んでしまったユリは、いきなりスにキスをするのでした。そんなユリが気になりだすス。そして何かと反発しながらもスが気になるユリ。しかし木を守るものは、花粉を飲んだ者とは結ばれないという掟があるのでした。果たしてこの2人の運命はどうなるでしょうか?

《ネタバレ 1 》

   オ・スは、木を守る者として先祖代々受け継いだ能力を持っていました。また見た目も完璧で、能力も財力もあるクールな理系男子です。ただ恋愛は苦手。自分は恋愛には興味ないとばかりにお見合いもクールに断ります。そんなクールなスに、ある時いきなりキスする女性が現れたのです。反発しあいながらも惹かれていくス。初めての恋にあたふたしてしまいます。想定外の恋の対処能力はゼロだったようです。おまけに自分の感情に気づかずに、胸が詰まるのを胃もたれと勘違いをして胃薬を買い占める有様。嫉妬丸出しで子供みたいに意地悪してみたり、人の恋は手助けしても自分の恋はどうしていいか分からない様子。

そんなスに対して、いい印象は持っていなかったものの少しずつ惹かれていくユリ。

そんなユリの元に幼馴染のジヌが現れます。ジヌは積極的にユリに近づきますが、肝心なところではいつもスが助けてくれます。スとユリそしてジヌ3人の関係はどうなるのでしょうか?

《ネタバレ 2 》

   ユリが初めてキスしてきた時、実は花粉入りのコーヒーを飲んだ事を知ったスは、愕然とします。それは木を守る者は、花粉を飲んだ者とは結ばれないいう掟があったからです。そしてそのまま付き合えばユリの命さえ奪うことになりかねません。実は、スは子供の頃母親に花粉入りのコーヒーを飲ませてしまったのです。父親はどうにかして打開策を考えようとしますが、結局何も出来ず失望して自殺してしまうのです。そして母親も幾度となく危険な目にあいやがて亡くなります。ユリがすごく好きなのに冷たくするス。でもユリが忘れられず影からそっと見守ります。そしてすべてをユリに打ち明けたスは、ある行動にでます。

それはユリを守るための行動でした。どんな選択をスはしたのでしょうか?

《登場人物紹介》

 オ・ス(イジョンヒョン)

  ベンチャー企業の天才実業家。バリスタ。先祖代々受け継いだ木を守り、花粉で人の恋を手助けしている。

1990年5月15日生まれ。182cm。2009年に日本で半年間音楽の武者修行を経て2010年に韓国でCNBLUEのギター&ボーカルとしてデビュー。2011年10月に日本でメジャーデビュー。音楽活動や俳優など活動の幅を広げている。現在兵役中のため活動休止している。

主な作品「オレンジ・マーマレード」「マイ・オンリー・ラブソング」「紳士の品格」

ソ・ユリ(キム・ソウン)

 地区隊の巡査。酔って花粉入りのコーヒーを飲んでしまう。高校生の妹と2人暮らし

1989年9月6日生まれ。163cm。O型。2005年KFTのCFでデビュー。その後「姉妹の

海」でドラマデビュー。新人賞やベストカップル賞などを受賞している。

主な作品「悲しき恋歌」「夜を歩く士」「ドジョンに惚れる」「馬医」など

キム・ジヌ(カン・テオ)

  体育教師。ユリとは幼馴染。ユリの妹が通う高校の教師。初恋の相手ユリと再会して積極的にユリに近づく。

1994年6月20日生まれ。178cm。B型。イケメン俳優グループ「5urprise(サプライズ)のメンバー。2013年「放課後サプライズ」でデビュー。ドラマや映画で活躍中。

主な作品「ミスコリア」「女王の花」「スロービデオ」など

《感想》

   私が好きなCNBLUEのメンバージョンヒョンが出ているとあれば見ないわけにはいかないと見たドラマでした。相変わらずジョンヒョンは綺麗です。内容は、面白かったです。ただ最初の方は、花粉の事とか陽炎とかいまいちその辺のくだりが理解できず、このドラマはどう言うドラマ?って思いましたが、見ていくうちの理解が出来ました。スの想定外の恋にあたふたする姿が笑えました。そして初めての恋が花粉のせいでつらいものになるのもかわいそうでした。後半はそんな感じで切ない感じがありました。だからこそ残念な部分もありやや不完全燃焼で終わった気がします。ユリの幼馴染ジヌは、どうしても好きになれず私には苦手なタイプでしたが、逆にスのお兄さんは好きでした。かなりチャラくてウザい感じですが、どこか憎めない感じでスの事をすごく大切にしている感じが伝わってきて良かったです。

《まとめ》

  ファンタジー系のドラマは、現実にはありえない感じが楽しめるので、私は割と好きな

ジャンルのドラマです。今回も人のオーラってこんな感じで出ているのかな?とか思いながら見てました。若干木の守り人の話は、理解するのに時間はかかりますがファンタジー系が好きな人はハマるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください