韓国ドラマ

宮~Love in Palace~を見るにはどこで見れる? 

Pocket
LINEで送る

~普通の女子高校生がプリンセスに!?~

 

あなたは、現在も韓国に王室が続いていると思いますか?もし、本当に王室が続いていたら、そこはどのような場所なのでしょうか…。

 

今回の記事では、韓国だけでなく、世界約25カ国で放送され、社会現象を巻き起こしたと言われている、大ヒット王室ラブストーリー「宮~Love in Palace~」を紹介したいと思います。韓国の人気少女漫画が原作となっているこのドラマは、2006年に韓国で放送され、最高視聴率28.8%を獲得しました。

このドラマを見るにはここ

この作品は、私が自身の人生で初めて観た韓国ドラマということから、非常に思い入れのである作品です。このドラマがきっかけで、韓流にハマったと言っても過言ではありません。

 

「韓国語」という外国語を理解できなくても、ここまで楽しみながら鑑賞することができる作品があるのだなと、衝撃を受けたことも覚えています。このドラマを観ていない人のことを、「韓流好き」と言うことはできないと思います。今回の記事では、なぜこの作品がここまで多くの人から愛されているのかを、少しでも紹介できたらと思います。

 

~ドラマのあらすじ~

 

 皇帝が病気になり、次期皇帝としての地位を確立させなければならなくなった皇太子、イ・シン。彼の意思は周囲から全く無視され、結果的に政略結婚をすることになります。その政略結婚相手というのが、このドラマの主人公であるシン・チェギョン。

 

シンが、元恋人のミン・ヒョリンを想い続けていることを知っていたチェギョンは、この結婚に大反対しますが、借金に悩んでいる家族を救う為に、シンとの結婚を仕方なく受け入れます。

ある日、シンの従兄で、現皇帝の兄の息子であるイ・ユルがイギリスから韓国へ帰国します。皇位継承権第2位の彼が帰国したことにより、皇帝の後継ぎも決まり、安心していた王室内に、微妙な空気が流れ始めます。

ユルは、いつも何事にも一生懸命なチェギョンのことを次第に好きになり、いつしか1つしか無い皇位を夢見るように。昔、シンに別れを告げたはずのヒョリンは、彼とチェギョンが一緒にいることが許せず、シンを取り戻そうとします。

クールな性格のシンと、チェギョンのすれ違い、後継者を巡る陰謀、そして主人公4人の四角関係等…。それぞれ苦難に悩まされながらも、その壁を乗り越えようと努力する彼等の姿から目が離せません。

 

~ドラマ出演者~

・イ・シン (チュ・ジフン)

知性と美しさを持ち合わせた才色兼備な皇太子、イ・シン役にチュ・ジフン。

モデル出身のチュ・ジフンが、初めて挑戦したドラマがこの作品でした。モデル出身という、抜群なスタイルが生かされた彼の服装も要チェックです。

 

・シン・チェギョン (ユン・ウネ)

デザイナーになることが夢で、高校でデザイン学科を専攻している平凡な女子高生、そして後に皇太子妃になる、シン・チェギョン役にユン・ウネ。

今では、韓国ドラマ、そして映画を問わず引っ張りだこのユン・ウネですが、K-POP界出身の彼女も、この作品に出演したことがきっかけで、本格的に女優活動に入りました。

 

・イ・ユル (キム・ジョンフン)

本来は王位継承第1位だったはずが、幼い頃、皇太子だった父親が亡くなったことがきっかけで宮廷を離れ、イギリスで生活を送っていたイ・ユル役に、キム・ジョンフン。

日本においても、歌手としてソロデビューを果たしている彼のことを知っている方も多いのではないでしょうか。彼がチェギョンを思い続ける切ない演技に、是非注目して頂きたいです。

 

・ミン・ヒョリン (ソン・ジヒョ)

世界的なバレリーナを目指す、イ・シンの元恋人のミン・ヒョリン役には、女優として高い評価を得ているソン・ジヒョ。

容姿、財力そして頭脳等、何をしても完璧なヒョリンですが、いつもどこか寂しそうな役柄を、上手に演じる彼女の演技に注目です。

 

このように、当時は「新人」と呼ばれていた俳優と女優がキャスティングされたことにより、原作の漫画ファンの間で非常に話題となり、製作側への反論もかなりあったそうです。ファンの方たちも、まさか、彼等がここまで大物俳優になるとは想像もしていなかったことでしょう。
このドラマを見るにはここ↓

~ドラマの見所~

 

 私的、このドラマの見所(=シーン)は、韓国では、一般人がどのような生活を送っているのかを見学しに行くという目的で、イ・シンがシン・チェギョンの実家に泊りにいくシーンです。

生まれた時から王室で生まれ育ったシンは、チェギョンの実家に到着するやいなや、土足で家にあがろうとしたり、家族皆で食卓を囲みながら、1つの料理を分けたり、今まで経験したことが無いことばかりで、とまどいを隠せないシン。普段はクールな彼も、皆の心の温かさに思わず笑みがこぼれてしまいます。

観ているだけで心が温かくなる、このシーンは是非注目して観て頂きたいと思います。

 

~まとめ~

 

 いかがでしたか?今回の記事では、「宮~Love in Palace~」を紹介しました。「もし今も韓国に王室が存在したら…?」という、非常に大胆な設定から始まるドラマですが、一度観始めると抜け出すことができなくなる、内容の濃いストーリーに仕上がっているので、是非観て下さい。

このドラマを見るにはここ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください