韓国ドラマ

トンイ ネタバレあらすじ見どころ紹介

Pocket
LINEで送る

 第21代王・英祖の母親であり最下層の身分から第19代王・粛宗の側室となったトンイこと淑嬪崔氏(スクピン・チェシ)の生涯を描いたドラマで、韓国時代劇の金字塔とも言えます。韓国ドラマは好きだけど、時代劇はちょっとって思っている人でも、このドラマなら見たことがあるという人は多いかもしれません。時代劇なので話数は多いですが、その話数を短いと感じてしまう程の面白さ。権力争いはもちろんのこと、女性ならではの嫉妬、そして子を思う母親の想いなど、真っ直ぐな心で王朝を動かしたトンイの生涯をドラマを通して冒険して見てください。

《あらすじ》

   賎民の娘として生まれたトンイ(ハン・ヒョジュ)は、権力争いの陰謀により父と兄を殺されてしまいます。父と兄の無罪を証明するため、宮廷の掌楽院の奴婢として働き始めます。そんな時、第19代王・粛宗(チ・ジニ)と出会いますが、初めは王とは知らずに接して行きます。そして粛宗の側室チャン・オクチョン(イ・ソヨン)とも運命の出会いをする事になります。最初は、オクチョンに認められていたトンイですが、次第にオクチョンと距離を置き始めます。そして宮中の権力争いに巻き込まれていく事に。その最中何度も命を狙われるトンイは、やがて粛宗と心を通わせることとなるのです。奴婢の身分から王の側室となったトンイは、父親と兄の無実を証明するためにトンイを慕う者たちと動き始めます。

父と兄の無実を証明することが出来るのでしょうか?また最大の敵であるオクチョンとの戦いはどうなるのでしょうか?

《ネタバレ 1 》

   権力争いが一番激しかったと言われるこの時代は、張禧嬪(チャン・オクチョン)を推す南人派と王妃を推す西人派とに分かれていました。張禧嬪は、王妃になる為に権力欲が強い兄のヒジェと共に南人派に協力していました。そんな張禧嬪は、粛宗の寵愛を一身に受けていました。そして南人派と張禧嬪に追い出されたのが、有名な西人派のイニョン王妃。廃位されたイニョン王妃は、静かに暮らしていましたが、民からの人望は厚く、やがてイニョン王妃の事を書いた書物が出回る事になります。張禧嬪が王妃となった事でますます南人派の勢力が高まる中、粛宗はトンイと出会い心を通わせ、やがて側室となるのです。粛宗と関わったり、張禧嬪と関わる事で権力争いの渦に巻き込まれていくトンイは、持ち前の明るさと人望の厚さで次々と解決していきますが、その分張禧嬪の嫉妬も強くなります。張禧嬪の悪事が次々と粛宗の耳にも入り、とうとう王妃の座を追われる事になる張禧嬪。世子の実母という事で廃位では無く禧嬪に降格され、イニョン王妃が戻って来る事に。それでもまだ粛宗の寵愛を受けたい禧嬪は、さらに悪事に手を染め…、世子の病気も隠すなど罪を重ねていくとに。一度は王妃の座まで上り詰めた禧嬪の最後とはどんなものだったのでしょうか?

《ネタバレ 2 》

   張禧嬪と王妃やトンイとの争い以外にも、時代劇ならではの政治の勢力争いもドラマの魅力です。南人派には、オ・テソクというリーダーがおり影の権力者。甥のオ・ユンと共に、陰謀を企み政治勢力の転覆を考えています。その南人派の高官が殺害される事件が起きますが、その事件にトンイも関わっていました。殺害される前に高官のチャン・イクホンが、トンイの手のひらでサインを示し、トンイが助けを呼びに行っている間に、犯人と分かる札をトンイの袋に入れたのです。そしてこの高官を検死したのがトンイの父親でした。またイクホンの事件以外にも両班が次々に殺される事件が相次ぎます。犯人は、秘密組織「剣契(コムゲ)」と推測されました。そしてその「剣契」のリーダーこそがトンイの父親でした。もちろん兄もその一員です。トンイだけが知りませんでした。父と兄が犯人と間違えられ殺されてしまったトンイは、2人の無罪を証明する為に宮中にまで入り側室にまでなるのです。そして真相を知ったトンイは?犯人は意外な人物でした。その人物とは一体誰だったのでしょうか?

《ネタバレ 3 》

   最後にトンイのことについて書こうと思います。トンイのモデルとなった「淑儀(スギ)チェ氏」は、実在の人物です。ドラマでは、掌楽院の奴婢でしたが実際は針房の宮女だったみたいです。1670年に生まれで、粛宗に見初められ1693年に淑嬪(スクピン)となり、息子を生みますがわずか2ヶ月で亡くなってしまいます。1694年に第2子となる息子ヨニン君を出産。第21代王・英祖となるのです。ヨニン君を産んだ事で淑儀に昇格。息子が王になる前に亡くなったと言われています。ドラマでは、ヨニン君を結婚させ、3番目の王妃に託し自分は宮廷の外で暮らす所で終わっています。

《登場人物紹介》

トンイ(ハン・ヒョジュ)

  「剣契」のリーダーである父チェ・ヒョウォンの娘。父と兄との3人暮らし。活発で明るい性格。子供の頃から正義感が強く、仲間たちを率いる能力がある。気配りがあり、年上にも頼りにされる程。賎民出身を隠す為「チョン・ドンイ」と名乗っている。

1987年2月22日生まれ。170cm。2006年に「春のワルツ」の主役に抜擢。2009年の「華麗なる遺産」で高視聴率を取り一躍有名になる。国民的清純派女優として知られ、ドラマや映画で活躍中。韓国トップ女優の1人。

主な作品「W−君と僕との世界-」「イルジメ〜一枝梅」「ただ君だけ」「王になった男」「監視者たち」「ビューティー・インサイド」など

粛宗(チ・ジニ)

  李氏朝鮮第19代国王。西人派と南人派の対立の中、両者のバランスを見ながら政治を行う。好奇心旺盛。時には身分を偽って宮廷外に出て、民の生活を眺め見聞を広めている。女官であるオクチョンを寵愛するもやがてトンイにも寵愛を示す。

1971年6月24日生まれ。178cm。2000年にデビュー。「宮廷女官チャングムの誓い」が世界中で放送され代表作となる。CMからドラマ、映画などに多数出演。活躍している。

主な作品「結婚できない男」「棚ぼたのあなた」「大風水」「ブラッド」など

張禧嬪(イ・ソヨン)

  本名チャン・オクチョン。通訳官の娘。ずば抜けた美貌の持ち主。南人派のオ・テソクの推薦で側室候補の女官として宮中入りする。粛宗の寵愛を受け、側室となる。王妃の座を狙っており、王妃を廃位させ2番目の王妃となる。第20代王・景宗の実母。

1982年4月16日生まれ。169cm。2003年映画「スキャンダル」でデビュー。2009年「天使の誘惑」でヒロインを演じ、SBS演技大賞ニュースター賞を受賞している。

主な作品「春のワルツ」「Dr.JIN」「太陽のあなた」「12年ぶりの再会」「死んでこそ生きる男」など

《感想》

   トンイは、私が時代劇中で一番好きなドラマです。何回見ても面白く、ハン・ヒョジュの明るさがとても似合っていたと思います。張禧嬪もいろんなドラマで見てますが、私はイ・ソヨンが演じた張禧嬪が一番好きで、悪役ですけどどこか悪役になり切れてない所が良かったです。そして張禧嬪の兄ヒジェも日本語吹き替え版の方が好きで、あの変な声が面白くて、ヒジェの役をやった俳優さんを見るとつい日本語吹き替え版のヒジェを思い出す程です。何かと対立していくトンイと張禧嬪の戦いが面白く、結果が分かっていても毎回ハラハラしながら見てます。粛宗とイニョン王妃やトンイとの関係などが、張禧嬪との関係とはまた違って見えたのも良かったです。

《まとめ》

  私の中で時代劇といえば「トンイ」「宮廷女官チャングムの誓い」「イ・サン」だと思っています。その中でも「トンイ」は、時代劇なんだけど、ちょっと現代劇みたいな所もあってとても入りやすドラマの一つでした。ぜひ韓国時代劇に興味があってまだ見ていないという方は、ます「トンイ」から始めてみてはいかかでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください