韓国ドラマ

青い海の伝説第一話ネタバレやあらすじ見どころ感想など

Pocket
LINEで送る

青い海の伝説

イ・ミンホ(相続者たち)
チョン・ジヒョン(星から来たあなた)
2大スター初共演の話題作

このドラマを見るにはこちらから

【第1話のあらすじレビュー】

第1話

1598年8月河原道

村を巨大な津波が襲った。
村全体が津波によりひどい被害を受けたが、海辺には大量の魚が打ち上げられ村人は喜んでいた。

さらに、村人は洞窟に打ち上げられ、動けずにいる人魚を見つけた。
村人は見付けた人魚を領主へ差しす。
人魚は人魚に触れた人の記憶を消し去ると言われ、領主は遠くからニヤリとした笑顔で人魚を見ていた。

同じとき、容姿端麗な新しい県令が村にやって来る。自他共に認める美しい顔をした彼の名はタムリョン。
早くに妻に先立たれ、独り身だという。

その村には昔から人魚伝説の噂話があった。誰もが皆おとぎ話だと言う中、領主が話を切り出した。

領主に連れられ、タムリョンが人魚を目にする。目と目で何かを通わせる2人。

領主は人魚から取れる上等な油を狙い、高い値で売るつもりだったのだ。

人魚を哀れに思ったのか、それとも何かに惹き付けられたのか、漁民から不正な税を徴収していた地頭に対して、うち首の刑になると脅したタムリョンは目をつぶる変わりにと人魚を助け、海へと返した。

月の明かりが照す海、人魚がタムリョンに手を差し出した。

時は移り現代。

3人の詐欺師がいた。
催眠術を使い、意図も簡単に人の心を惑わす事が出来るジュンジェ
詐偽の計画を立てるナムドゥ
ハッカーとして確かな腕を持つテオ

弁護士、検察、様々な人に成り済まし人を騙してお金を稼いでいた3人の次のターゲットは明洞キャピタルの社長夫人。

自殺した子の遺書に息子の名前が書いてあり、息子が訴えられていた夫人は、何とか金で解決出来ないかと相談にきたのだ。
検察と事務官に扮したジュンジェとナムドゥは彼女が隠し持つ裏金を狙っていた。
息子の事件を解決したい夫人にいい話があると隠し口座の話を持ち出し、3人はまんまと裏金を手に入れた。
このドラマを見るにはこちらから


3人はそれぞれ旅へ出かける。

ジュンジェはスペインへ。
CAから世界一美しいとされるこの海には人魚がいるという話を聞いた。

たくさんいた人魚はそのほとんどがいなくなり、今は唯一この海だけにいる。
かつてタムリョンが逃がした人魚もまたここで生きていた。

魚たちが群れをなし一斉に逃げ惑う。大きな津波が起きた。

岩肌に打ち上げられた人魚。

なんと人魚には足があった。その足は水に飛び込むと元通りに。

人魚は近くにあったホテルの部屋に忍び込み部屋をめちゃくちゃに。その部屋を借りていたのがジュンジェだった。
泥棒が入ったのかと探すジュンジェ、口にクリームをつけ自分の服を着ている女を見付ける。

彼女に近づき、一瞬にして彼女の力で吹き飛ばされたジュンジェは彼女を警察へ突き出す。

彼女の写真を撮っていたジュンジェはその女が身に付けていた緑の腕輪が目に入り、ナムドゥに調べさせる。
すると400年以上前のヒスイの腕輪のお宝であった。
60億はするだろうと言われ、それを狙ったジュンジェは警察に彼女を迎えに行く。

急に優しく彼女に接するジュンジェ。警戒する彼女の緊張を解き、腕輪を手に入れたいジュンジェは彼女を連れ街へと出かける。

エスカレーターの乗り方、靴の履き方、服の着方1つわからない彼女。
ジュンジェは目を離した隙に彼女を見失い、迷子センターで見つける。
ヒスイの腕輪をこっそり盗むことに成功したジュンジェはここで待つようにと彼女に告げ、その場を去る。

エレベーターが開く度、一緒にいた男じゃないかと期待して待っていたが彼は来ない。
閉店時間になりお店を追い出された彼女は雨の中でさらに待ち続ける。

信号を見て昼間一緒にいた変な女を思い出したジュンジェは待ち続ける彼女を見つけ、そっと傘を差し出した。
そして彼女もまたジュンジェへと手を差し出すのだった。
このドラマを見るにはこちらから

《 ロケ地プチ情報 》

・トライボウル複合文化芸術施設であるここは、現代で詐欺師となったジュンジェが仲間の2人と登場する際に使用した場所です。
水の上に建物がいかんでいるかのような、近代的な作りが特徴で、K-POPのミュージックビデオ撮影や多くドラマ撮影にも使われる場所です。

・ジローナにあるEs Cauプール
スペインでも多くの撮影を行っており、その1つがここです。岩肌に打ち上げられ、ジュンジェから隠れるために人魚が入ったプールです。
バルセロナからは1時間半ほどかかります。

・カタルーニャ音楽堂
デパートを出て、雨の中待つ彼女に傘を差し出したシーンで使われています

・スターフィールド河南
河南にある大型ショッピングモールです。スペインで2人がデパートを訪れた時の撮影で使われた場所です。まさか韓国だとは思いませんでした

《 最後に 》

スペインの海、街並みがとても綺麗で映像美にも引き込まれてしまう作品だなと思いました。言葉を話さない人魚の役だからでしょうか。チョン・ジヒョンの目と顔の演技はさすがと言っていい物があり、切なさ、悲しさ、喜び、さらには変人ぶりも最高の演技でした。
美男美女の2人がどんな物語を作り出していくのかとても期待を持たせる第1話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください