韓国ドラマ

魔女宝鑑〜 ホジュン、若き日の恋 〜ネタバレや感想は!?

Pocket
LINEで送る

 

タイトルを聞いて思い浮かんだのは恋愛物。

なんて言ったって 「若き日の恋」 って言葉がはいっちゃってますからね。

その想像をしながら見始めたら、「あれ?なんかイメージと違う」が私の最初の印象です。

しかも魔女ってなんだ、、ファンタジー系?とか思っちゃったり、、(笑)

そしてこのドラマは日本語吹き替えがないので俳優さん達の声がしっかりと聞けるのでそこがまた良いポイントですね。

 

このドラマを見るにはここから↓

 

あらすじ

王と王妃の間に一向に子供ができないことに悩んでいた大妃様。世継ぎがいない事を焦って王妃にも厳しくしていたり、、。

 

そこで黒呪術が使える巫女のホンジュに相談をするんですが、昔災いが起こったことから黒呪術を使って懐妊させるのをやめさせようとするチェ・ヒョンソ。

 

しかし止まらない大妃様とホンジュ、そしてどうにかしたい王妃。ヒョンソと仲間達は止めることが出来なかったので、王妃は子供を授かる事ができ喜んでいたのですが、なんと生まれてきた子が呪われた双子の男の子と女の子。

 

子供を授かる為に利用された1人の巫女が不吉な予言を言い残し殺されたのですが、その予言がピタリと当たっていたんです。こわいですねー

 

もともと世継ぎが欲しかったので男の子の呪いを女の子に移し女の子は「三昧真火」という方法で闇に葬られることに、、、。

 

一方で17年後、庶子のホ・ジュンはお母さんの地位が下がり正妻に奴隷のように扱われているのをどうにか助けようとお金を稼いでいました。

 

正妻の子であるいじわるな兄オ・ホクはホ・ジュンに

「黒い森」からなびいていた凧を取ってこれたら500両やる」と言いました。

しかし、「黒い森」は入った人は誰1人生きて帰ってこれないと噂の呪われた森として有名でした。

お母さんの為にもお金が欲しかったホジュンはついに行ってしまうのでした・・・

 

なんとか凧のあるところまでたどり着けたのですがそこで出会ったのは結界が張られた1つの家で暮らす女の子、ヨニでした。その女の子というのは、、

 

 

登場人物

 

  • ホ・ジュン (ユン・シユン) あの大ヒットし、日本でも放送されていたドラマ、「製パン王キム・タック」の主演を務め日本でも人気を集めたユン・シユン。この「魔女宝鑑〜ホジュン、若き日の恋〜」は除隊後初の主演作品です。正妻とその息子、ホ・オクに見下されていいように使われ、母を失い挙句ホ・オクは自分の身分をいいことに嘘をつき陥れられ悪者扱いされ牢に入れられてしまいます、、

 

  • ヨニ (キム・セロン) 大ヒット映画「アジョシ」で子役として現れ、「天上の花園」などにも出演しています。呪われた子として、森の奥で1人ポツンと育てられられていました。義兄であるプンヨンにも妹として良くしてもらっていました。

 

 

  • プンヨン (クァク・シヤン) ヨニの義兄役でありチェ・ヒョンソの息子役を演じているのは「ああ、私の幽霊さま」などに出演している若手実力派俳優のクァク・シヤン。義兄として振舞っていたけど自分の想いは止められず、ヨニに恋心を抱いてしまうが、、

 

 

  • ホンジュ (ヨム・ジョンア) 黒呪術を使える巫女のホンジュ。

昔、ひどい事をされ黒呪術をヒョンソに教わって使えるようになったんです。たくさんの人を言葉巧みに操り本当に魔女のようですね。笑

素顔がこんなに綺麗な方だったなんて、役って本当にこわいですね。笑

 

  • チェ・ヒョンソ (イ・ソンジェ) ヨニを「三昧真火」で葬るように言われて実行したと思ったらなんとヨニが生きていてその義父としてヨニを森の奥で育てていました。優しくヨニ思いの方でした。ホンジュに操られるまでは、、

 

 

 

このドラマを見るにはここから↓

見所

 

 

ホジュンが陥れられ牢に閉じ込められ出てきてから

ホジュンの母を殺した(そうなってしまった)オ・ホクに対しての復讐劇ももちろん面白い所です。そして呪われたヨニを助けるために身体を張って守り、ヨニが呪いを使って姿が変わってしまっても心変わりをしないほんとに一途なホジュンの心。本当に素敵すぎるんです。

一方で義兄のプンヨンはヨニの変わってしまった姿に対してあれはヨニじゃなく妖怪だと言い放ってしまいヨニを傷つけてしまうんですね。

そんな2人のライバル視からの最後の結末。

プンヨンの気持ちも悲しいもので、、、

共に戦って来て信頼していた人がホンジュの使いで裏切られ、心がズタズタ。そこに付け入るホンジュがまた怖い、、。

ホジュン、ヨニ対ホンジュの戦いも見逃せない。

最終回は誰もが想像をしなかったような結末。さすがにみなさんビックリですよ。笑

 

 

 

まとめ

 

 

このドラマを見るにはここから↓

第1話からは思いもよらなかった展開のこのドラマ。ファンタジーラブストーリーのようなかんじですね。

「魔女」「黒魔術」という言葉が使われているようにやっぱり少し<こわい>と思う場面もありましたが最終的にはラブストーリー要素を強くなっていて不思議と見入っちゃってました。笑

日本語吹き替えがないので観るのに億劫な感じになってしまう人もいると思いますが

見ていくうちにその吹き替えがないことさえも良いと思えるようになっていくようなドラマです。

この機会にぜひ観ていただきたい韓国ドラマのひとつですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください