韓国ドラマ

恋は七転び八起き第9話、10話ネタバレあらすじ見どころ紹介

Pocket
LINEで送る

恋は七転び八起き

【第9話あらすじ/全12話】

欲しいものは1つある

誕生日の日にキスをしたレイとヘラ。


ヘラを呼び出したセジョン。

「ごめん」

今まで気持ちを押し付けて、ごめん。
もうやめるから、もう1度いい友達になろう。

そう告げたヘラ。

家に戻ってきたヘラに何を話したのか聞くレイだったが、ただ誕生日を祝っただけだと言う。

ベッドの中で考え込むヘラ。

友達に戻ろうとヘラから告げられたセジョンだが、それは約束出来ないと伝える。

「ずっと正直になれなかった」

抱き締めたくても我慢していた。
好きだ。
初めて会ったときからずっと。

初めてヘラに気持ちを伝えたセジョンだったが、ヘラはその告白を拒んだ。

スカーレットは新ドラマの打ち合わせを行っていた。
脚本家は視聴率を上げるためにと、熱愛記事が出たセジョンを出演させようとする。

キスをして以来ウリのことが気になって仕方がないヘンリーはもう1度ウリとキスをしてみようと“自然なキスの仕方”をネット検索。
ヘンリーはあれこれと妄想を繰り広げていた。

ヘラとレイのデートの日。

「辛いことがあったら僕のとのろに逃げておいで」

そう言って靴をプレゼントしたレイ。

全財産を使いきるまで遊ぼう!
スケート場にデートに来た2人は手を繋ぎ、自然と抱き合い、楽しい時間を過ごした。

セジョンがカメオ出演するドラマに七転び八起きの出演も決まる。
ついに念願のテレビ出演に喜ぶメンバーたち。

ドラマ撮影に来た七転び八起きのメンバーたち。

セジョンとスカーレットのキスシーンを見て複雑な気持ちを隠せないヘラ。

その気持ちに気が付いたレイは急かし過ぎてしまったとヘラに謝る。

スカーレットのマネージャーはある女性に封筒を渡す。

その女性は風邪をひいているヘラを病院に連れて行くからとスタジオから連れ出し、ヘラを車から降ろすと、その場から立ち去さった。

ヘラと連絡が取れず、メンバーたちが探し回っていると、セジョンの携帯にヘラからの電話がくる。

ヘラを探しに飛び出したレイとセジョン。

ヘラを見付けたのはセジョンだった。
ヘラを背負い走り続けるセジョン。

そこにレイがやってきて、ヘラはレイの元へ行ってしまう。

ヘラを連れ出し、置き去りにした女性はファン会長の差し金だったと知ったヘラの母親は、夫の復讐をするとファン会長に怒りを露にする。

ドラマの放送を見ようと集まった七転び八起き。

七転び八起きのテレビ出演を画策していたファン会長だったが、その妨害は成功せず、七転び八起きが初のテレビ出演を果たした。

ドラマで歌った七転び八起きの歌がネットで話題となり、ウリとスカーレットの歌声比較が騒ぎになる。

セジョンのキスシーンに耐えられず席を立ったヘラはセジョンと出くわす。

スカーレットとの熱愛は嘘だったこと。
交通事故の犯人も自分ではないこと。
全てを打ち明けた。

ヘラの元に戻りたかった。
他の男といるヘラを見たくない。

「愛してる」

ヘラにキスをしたセジョン。

その2人の姿をレイは見てしまった。

~エピローグ~

スカーレットとウリの歌声比較の動画が話題となり、七転び八起きに注目が集まる。

一方、脚本家が変更になりスカーレットのドラマの視聴率は最悪に。

結局ファン会長の思い通りにはならず、スカーレットは重症患者としてベッドでドラマ出演を終えた。

【第10話あらすじ/全12話】

全てを打ち明け、キスをしたセジョンとヘラ。

ヘラはその場から走り去る。

2人がキスするところを見てしまったレイは、何か言いたそうなヘラを制し、話を聞かず家へ入った。

それぞれが眠れない夜を過ごした。

学園祭での公演を行った七転び八起き。
そのには七転び八起きのファンがたくさん集まっていた。

皇帝エンターの妨害により、いまだに音楽番組への出演が出来ない七転び八起きだったが、インパクトの暴力騒ぎのおかげで「ショー人気キャンプ」への出演を果たした。

テレビ局の関係者も交えた打ち上げがセジョンの母親のチキン店で行われる。

ギジュンの挑発に怒ったセジョンは殴りかかろうとするがレイに止められ、レイにも怒りをぶつける。

酒を飲み交わすセジョンとレイ。
飲むとなぜか意気投合する2人。
そこにやって来たヘラも酔っ払い、お互いの気持ちをぶつけ合うヘラとセジョン。

ヘンリーを引き抜こうと何か企んでいるファン会長。
ヘンリーとの会話を録音した際に思いがけず入っていた曲を聞いて慌てる会長。

この曲が世に出たら俺もこの会社も終わる。

ファン会長の差し金で害虫駆除業者と称した人達がヘラたちの家を訪ねて来た。

ヘラと鉢合わせた男は無理やりヘラの部屋代から1つの段ボールを盗み出す。

屋上でヘラの部屋から盗んだ物を燃やすファン会長。
それはヘラの父親の形見だった。

1998年1月10日

皇帝企画の作曲家をしていたヘラの父親。

心臓を悪くしたヘラの父親は手術が必要となり、ファン会長が助けると申し出る。
手術費用に関する書類だとある契約書に母親のサインをさせる。

娘のために曲を作っていたヘラの父親。
それを知ったファン会長はその曲を渡せと電話をしてくる。

それだけは譲れないと言うヘラの父親に対し、お前の曲を俺に譲ると奥さんがサインをしたから逃げるのは無理だと脅したファン会長。

その電話の矢先、ヘラの父親は倒れ、この世を去ってしまった。

ヘラと母親の話を聞いていたセジョンはレイとテプンにその事を伝え、必ず契約書を見付けると言う。

「Happy Birthday to me」

1人でケーキにロウソクをさし、誕生日を祝っているヘンリー。

チャン・グンにはギジュンから電話がかかってくる。
男が好きなこと、テプンのことが好きなこと。
父親の店で食事しながら記者に話してしまおうか。と嘲笑うギジュン。

セジョンはファン会長のオフィスに忍び込む。

そこにスカーレットと共に会長が戻ってきてしまう。
セジョンに気がついたスカーレットは…。

【最後に】

残すところあと2話です!
今回も素敵な歌のパフォーマンスがありましたが、次回の記事で紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください