韓国ドラマ

あなたが眠っている間に ネタバレ見どころあらすじ紹介

Pocket
LINEで送る

眠るのが怖い⁈ 😴あなたが眠っている間に

未来の出来事が夢で見える3人の男女。運命的に出会ったこの3人が、力を合わせて自分たちに降りかかる不幸を未然に防ぎます。

彼らにはどんな出来事が待ち受けているのでしょう。

  • あらすじ

ナム・ホンジュは予知夢を見ることの出来る女の子です。

ある日、見知らぬ男性を抱きしめる夢を見ますが、その直後に夢で見た男が隣家に越してきて挨拶に訪れたので驚きます。

彼は、漢江地検に赴任してきた検事チョン・ジェチャンでした。

そんな中、ホンジュは自分が起こした事故がもとで母親を亡くす夢を見て、言いようのない不安にかられます。

そしてバレンタインデーの日の夜、夢で見たのと全く同じ状況になりかけたところを、ジェチャンのある行動によって避けることが出来たのです。

ジェチャンもまた同じ夢を見ていて、ホンジュに起こる災難を回避しようと思いきった行動に出たのでした。

そして偶然にも、ジェチャンのこの行動によって命を助けられたもう一人の人間、警察官のハン・ウタクも今後ホンジュとジェチャンに深く関わることになっていきます。

ホンジュは、ジェチャンも自分と同じように予知夢を見るのだと察し、しかも命の恩人なので彼に親近感をおぼえ、急接近していきます。

ジェチャンは「今後は関わる気はない」と口では言いながらも、やはりホンジュが気になるようです。(^.^)

ある時、ジェチャンの弟のスンウォンは、クラスメートで片思いの相手のソユンが父親の家庭内暴力に悩んでいることを知ります。

スンウォンがソユンを庇うため仲裁に入ったことで大事件が起きるのですが、ジェチャンとホンジュが今回もやはり同じ夢を見ていて、お互いの夢の内容をすり合わせて行動を起こし、スンウォンの危機を未然に防ぐことができました。

同じ時、警察官のウタクも自分の見た夢と現実の一致に驚きながら、さりげなくホンジュの手助けをしていました。

こうして予知夢を見る3人が偶然出会ったことに皆驚きますが、それから後は何かにつけて3人が協力し合うことになるのです。

ホンジュは、自分もジェチャンのように夢で見た未来を変えられると信じ、しばらく休職していた報道記者の仕事に復帰しようと決意しました。

次に、保険金殺人容疑で逮捕されたカン・デヒの裁判を担当したジェチャンは、弁護士のイ・ユボムがデヒの無罪を主張するので驚きます。

このユボムという弁護士は、ジェチャンの昔の家庭教師で、ジェチャンを悪事に誘っては窮地に立たせる天敵のような男で、しかもホンジュの元恋人だったのです。

ユボムにとっては2人が目障りな存在で、様々な場面でジェチャンとホンジュを陥れようとしてくるのです。

今回も、ジェチャンがカン・デヒから恨みを買ったことがもとでホンジュが刺されかけたところ、ジェチャンとウタクが救いました。

しかし彼女をかばったウタクが刺されて重傷を負ってしまいます。

ウタクは退院後、ホンジュの家で療養生活を送ることにしました。

ジェチャンとホンジュの親しげな様子が気にくわないものの、ホンジュの母親に甘えたり、ジェチャンに使い走りをさせたりと賑やかで温かい暮らしを満喫していました。

その後、アーチェリー代表選手スギョンを殺害したとして、以前ウタクのルームメイトだったト・ハギョンが指名手配されました。

そのハギョンにウタクが脅迫されている夢をみたホンジュとジェチャンは心配でたまらなくなります。

しかしハギョンの無実を信じると言うウタクを参考人として尋問を行った結果、

ハギョンの容疑は晴れ、釈放されることになりました。

ところが、そのことでジェチャンに対する世間の風当たりは厳しく、娘の恨みを晴らそうとしたスギョンの父親によってジェチャンが猟銃で撃たれる大惨事が起こってしまいます。😢

薄れゆく意識の中で、ジェチャンはホンジュに伝えたい言葉を思い浮かべていました。

命を取り留めたジェチャンに、ホンジュの母ムンソンは何故か冷たい態度をとり始めます。

それは13年前の夫の死の際にも、2人が出会っていたと知ったからでした。

その後も検事のジェチャンの所には様々な事件が転がりこんできます。

報道記者という仕事がら、ホンジュも少なからずそれらの事件に関わることになり、2人は度々命の危険にみまわれますが、やはり予知夢のおかげで危機を回避することができたのです。

2人の天敵ユボムはと言うと、これでもかこれでもかと悪事を重ね、ホンジュを殺そうとまでしますが、それも失敗に終わり、ついに無期懲役刑を受ける結果となってしまいました。

1年後、ホンジュはジェチャンと共に先輩の結婚式に出席し、花嫁からのブーケトスをみごとにキャッチ!

これからは恐ろしい夢を見ても、ずっと一生そばにいようと2人は誓いあったのでした。 💛♥

  • 見どころ

ジェチャンとホンジュとウタク。この3人の共通点は同い年であること、未来の出来事を夢で見ること、そして誰かに命を救われた経験があることです。

この命を救われた、というのが実は3人を繋ぐキーポイントなのですが、それはストーリーが進むにつれてハッキリとしてきます。

またジェチャンとホンジュは別の意味でも繋がっていたのです。

というのは…13年前、バス運転手だったホンジュの父はある脱走兵によりバス爆発事故に巻き込まれて死亡、警察官だったジェチャンの父も同じ脱走兵にコンビニで出くわし銃で撃たれて死亡しています。

お互いにまだ子どもだった2人が、同じ葬儀場で父の死の悲しみにくれている時に出会っていたのです。

この3人がお互いの夢をすり合わせながら、未来に起こる不幸な出来事を何とか防ごうと奮闘するエピソードが続き、飽きることがありません。

ハラハラするストーリー展開もさることながら、登場人物のキャラクターがとても魅力的です。

ホンジュはメガネをかけていて化粧っ気もなし。散らかり放題の汚い部屋で暮らしていたのが、ジェチャンと出会ってからはおしゃれもするし仕事も頑張る元気ハツラツな女の子なのです。

ジェチャンは有能な検事ですが、社交性ゼロで同僚たちからも煙たがられる存在。でも、家ではだらしなく髪はボサボサ、パジャマ姿。弟のスンウォンにいつも小言を言われています。

ウタクは性格が良く、人から好かれるタイプの真面目な警察官。愛犬ロビンと共に一人暮らしを楽しんでいます。

それからホンジュの母ムンソンは、サムギョプサルの店を営んでいますが、料理の腕前と人柄のおかげで店は大繁盛。

困っている人は放っておけない世話好きな性格なので、ジェチャン兄弟やウタクにも度々ごちそうをふるまってくれる心温かいお母さんなのです。

自分の見る夢が現実になることに怯え、苦しんでいたホンジュが、彼らと出会い希望を見い出し、その苦しみを乗り越えていく姿をきっと誰もが応援したくなるでしょう。

➂感想

さぞ苦しいでしょうね、このような能力を持つのは。

未来の出来事が見えてしまうなんて…。

多くの場合、悲劇的な結果になることを夢に見るので、眠るのが怖いと思うホンジュの気持ちがわかり、胸が痛みました。

自分を救ってくれたジェチャンに次第に惹かれていくホンジュや、二度と関わりたくないと思った彼女のことがどんどん好きになっていくジェチャン、2人の親密ぶりを側で見ながらもホンジュにストレートに想いをぶつけていくウタク。3人の恋の行方にもぜひ注目してください。💓

それから各話についているサブタイトルが、いつも映画の題名になっているのがニクイ演出ですよね!たとえば、4話目『ア・フュー・グッドメン』8話目『プライドと偏見』、15話目『スタンド・バイ・ミー』等々。

過去に見た洋画のタイトルがついていることに感激したのは私だけでしょうか。

まとめ

検事ジェチャンの前には次から次へと事件が舞い込み、一つ一つの事件を解決していく面白さと、ホンジュ・ジェチャン・ウタクの3人の身に起こる出来事の結末を見る楽しさを兼ね備えたドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください