息抜き

2018年お花見は神代植物公園へ行きましょう、デートにも使えますよ

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。mst1です。

今日は息抜きにお花見スポットをご紹介させていただきます。

 

僕の地元は調布市の深大寺いうところで、東京都でも自然が豊かですこやかな

場所です。

 

毎年桜のシーズンになると町がピンク色になり空は青く、温かい風が肌をくすぐり、

すんごく気持ちがいいところです。

 

そんな身も心も穏やかにさせてくれる我がふるさと深大寺にある

神代植物公園はお花見の人気スポットでも有名です。

ぜひ心の休息にご利用くださいませ。

アクセス

 

住所:東京都調布市深大寺元町5-31-10

吉祥寺駅からバス20分

調布駅北口行き 神代植物公園下車

三鷹駅からバス15分

調布駅北口行き 神代植物公園下車

調布駅からバス10分

吉祥寺駅行き  神代植物公園下車

三鷹駅行き   神代植物公園下車

つつじヶ丘からバス15分

神代植物公園・深大寺行き

開園時間

9:30~17:00

 

駐車場

近くに有料駐車場あります

750台

入園料

大人500円

中学生200円

小学生以下無料

65歳以上の方250円

休業月曜日(祝日の場合は翌日休業)

イベント

椿 さくら祭り 2018年3月13日~4月8日

開花予報

3月25日~28日

見ごろ予報

3月31日~4月5日

 

神代植物公園が発祥のさくら「神代曙」

皆さんよくご存知のソメイヨシノは

今後減少していきますよ~

ソメイヨシノの苗木は平成17に生産を辞めました。

ソメイヨシノは病気になりやすいそうです。

これに代わるのが「神代曙」です。

アメリカからの逆輸入のさくらで

神代植物公園で育てていたところ

発見したさくらです

病気にかかりにくく今後は

ソメイヨシノに代わる桜になるようですよ。

種類豊富なさくら

さくらの本数は約750本です

かなりきれいですよ。

ベンチや芝生にシートを敷いてまったりできます。

デートにも最適ですよ。

野川で夜桜ライトアップデートプランはこちら

ついでに行ってみたい観光スポット

深大寺

植物公園から歩いて5分です

東日本最古の仏像として国宝にもなった

釈迦如来像があります。

表情がとても優しい仏様です

拝むだけで心が優しくなりますよ。

鬼太郎茶屋

水木しげるのゆかりの地で有名な深大寺にある

鬼太郎茶屋は絶対はずせませんよ。

目玉のおやじのお団子や、こんにゃくのぬりかべ

ねずみ男のTシャツなど鬼太郎グッズがたくさん手に入ります。

お土産と軽食はこちらでどうぞ。

まとめ

毎日仕事や勉強では息が詰まりますので

少しは休みましょうね。

学習も仕事も恋愛もバランスよく摂取しましょう。

あなたの人生は幸せである必要がありますよ。

やるときはやる、休む時は休む、遊ぶときは遊ぶ

緩急付けていきましょうね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければコメントいただけたら嬉しいです。

 

調布市お花見デードプラン、調布駅からバスで15分でお花見デート 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください